RHYMESTER

2017年4月12日発売 祝文庫本化『ライムスター宇多丸のマブ論 CLASSSICS』(光文社) (2017.04.12)

平成アイドル史を鮮やかに掘り起こす、唯一無二の時評集

Perfume、AKB48 のブレイク前夜――2000~2008年に発表されたアイドルソングのレビュー集。
2008年に白夜書房から出版された単行本『ライムスター宇多丸の『マブ論 CLASSICS』 -アイドルソング時評 2000〜2008-』が文庫本に!
さらに秋元康氏、吉田豪氏と著者の対談を収録して、
2008年の単行本発売時から現在に至るまでのシーンを俯瞰せんとの試みも。

ハロー!プロジェクトの楽曲を中心に、約130曲のレビューを掲載し、
ゼロ年代のアイドルソングを語るうえで欠かせない資料的価値を有する書籍になっております。
中でも特筆すべきは、「アイドル冬の時代」において、Perfumeが大ブレイクを果たすまでの奇跡のような軌跡を追体験できることでしょう。時評を読み進めているだけなのに、最後には大河ドラマの最終回のような読後感が待っています。

『ライムスター宇多丸のマブ論 CLASSICS アイドルソング時評 2000-2008』
著者: 宇多丸

発行元: 光文社

価格: 本体価格 1020 円(税込 1102 円)
判型・ページ数:文庫版・584 ページ
文庫版では特別に秋元康氏、吉田豪氏と宇多丸のスペシャル対談を掲載。
2008年の単行本発売時から、現在に至るまでのシーンを俯瞰します。