RHYMESTER

【WAVE】オオスミタケシがキュレーションする企画『RULES』でRHYMESTERコラボTシャツ発売 (2020.09.16)

渋谷PARCOおよびオンラインストアで復活した伝説のレコード&etc店「WAVE」。

9月18日(金)より、WAVEディレクターの一人であり、今回の企画のキーワードとなる90年代には、
自身もSHAKKAZOMBIE(シャカゾンビ)の人気ラッパーBig-Oとして活躍してきた、
オオスミタケシがキュレーションする企画展“RULES curated by Takeshi Osumi”が、
WAVE渋谷パルコで開催されます(オンラインストアでは9/17(木) 20:00pmより商品先行発売)。

オオスミが体験してきた’90sカルチャーやシーンを切り取り、2020年代に向けて新たな視点でエディット。

同企画の中で、オオスミがリスペクトする、ジャパニーズHIP HOPの黎明期90年代を牽引してきた、
“大神”、“スチャダラパー”、“ライムスター”、“キミドリ”というレジェンドアーティストの、
当時の作品を再解釈したTシャツをステッカー付きでリリース。
また、発売に合わせてWAVE店舗ではオオスミがセレクトしたジャパニーズHIP HOP のレコードが並ぶ他、
オフィシャルサイトでは90年代から様々なHIP HOPアーティストにもトラックを提供してきた、
東京を代表するDJ/プロデューサー・DJ WATARAIによるジャパニーズHIP HOP MIXの配信もあるそう。

90sのあの熱量が、2020に

https://wavetokyo.com

「RHYMESTER / 耳ヲ貸スベキ(’96)」Tシャツ
そのライブパフォーマンスの凄さから別名「キング・オブ・ステージ」と呼ばれ、
現在もグループはもちろん個々の活動も精力的な“RHYMESTER”の初期傑作シングルより



(About WAVE「HPより・一部編集」)
80〜90年代を中心に”音と映像の新しい空間”としてビル1棟丸ごとカルチャー発信基地のように、
様々な文化を発信する存在だった「WAVE」。
現在の六本木ヒルズの場所にあった、1棟6フロアのビルは世界中より厳選された音楽が集められた、
レコードショップ、一般的な映画館では扱われないような作品を果敢に上映するミニシアターのシネ・ヴィヴァン、
レコーディングからコンピューター・グラフィックスのためのスタジオなど音楽と映像のコンテンツで埋め尽くされた、
他にはない空間で、知的でハイセンスなカルチャーを発信していく場として当時存在していました。
流行に敏感な人々が集う場所であり、国内はもちろん海外の著名なアーティストや音楽プロデューサーも、
WAVEでレコードやCDを買うことを目的にわざわざ日本に来ていたほどでした。

2019年、WAVEは新しいプロジェクトとして再スタート。
音楽やファッションだけにとどまらない様々なカルチャーミックスをベースにした、
TEST HOUSE(実験室)として情報を発信していく予定。


【お問い合わせ先】
WAVE
東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO 1F
TEL:03-6455-2214
http://www.wavetokyo.com/

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする