RHYMESTER

【#Mummy_D キュレーター就任】Red Bullのヒップホップ映像シリーズ「64 BARS」(Season 3_8.25完結) (2021.04.21)

「ラッパーってかっこいいなあとラッパーながら思った」
「小細工抜きで、一本勝負出来る才能を集めた」(Mummy-D)



Photo: cherry chill will.

実力派のラッパーたちが、トッププロデューサーたちのオリジナルトラックで64小節のロング・ヴァースを一発撮り
ラッパーの迫力、トラックメーカーの強靭なグルーブを余すとこなく伝える、
Red Bullが主催するヒップホップ映像シリーズ「64 BARS」の、
最新3rdシリーズのキュレーターにMummy-Dが就任。
総勢10組のラッパー×トラックメイカーたちに声をかけ、ヒップホップの魅力をお届けします。

Red Bull「64 BARS」シーズン3
エピソード1(2021年4月21日公開)
裂固 × NAOtheLAIZA


エピソード2(2021年4月28日公開)
GOCCI × DJ VIBLAM


エピソード3(2021年5月19日公開)
田我流 × grooveman Spot


エピソード4(2021年5月27日公開)
句潤 × DJ WATARAI


エピソード5(2021年6月16日公開)
LITTLE × NAGMATIC


エピソード6(2021年6月23日公開)
Jinmenusagi × SONPUB


エピソード7(2021年7月21日公開)
peko × WATT a.k.a. ヨッテルブッテル


エピソード8(2021年7月28日公開)
CHICO CARLITO × DJ Fumiya


エピソード9(2021年8月18日公開)
SOCKS × ELIONE


エピソード10(2021年8月25日公開)
Mummy-D × DJ KRUSH



<以下プレスリリースよりMummy-Dのコメント記事を抜粋>
「責任重大だけど、次世代のラッパーたちと密に交流できてムッチャ刺激になった&ムッチャ楽しかった」というMummy-Dは、
今回の人選とレコーディングについて「MC、トラックメイカー共にRed Bull 64 Barsの趣旨を体現できる人。
ラッパーだったらヴァースの人、トラックメイカーだったらドラムの人。バズだのストーリーだの小細工抜きで、
一本勝負出来る才能を集めた」とコメント。
「こんなにラッパー泣かせ、かつラッパー冥利に尽きる現場はないと思った。みんなマッジで緊張してたし、
それを乗り越えて最高の64小節を歌い切る感動! みんなアーティストというよりはアスリートに見えた。
これはオレも負けられないと奮い立ったし、『負けたかも……でもなんだろう? この頼もしさ嬉しさは』みたいな、
今まで味わったことのない感覚も今回初めて味わいました。歳かなあ(笑)
いずれにせよこのシーズン3、すべてのMCたちの才と命がスパークしています。
ラッパーってかっこいいなあとラッパーながら思った。必見必聴」と感想を語っている。

またシーズン3に参加したラッパー10名を招き、
そのヴァースの奥に秘められたストーリーをアットホームに紐解くトークセッション
「Behind the Bars Japan - Red Bull 64 Bars」も公開される。
ライター / DJの荏開津広が聞き手を務め、
緊迫するパフォーマンス上では見られないラッパーたちの意外な一面、
1人の人間としての過去と現在、そして未来について深堀りしていくとのこと。

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする