RHYMESTER

  • Mummy-D
  • DJ Jin
  • Utamaru

RHYMESTER

1989年結成。宇多丸(Rap)、Mummy-D(Rap / Total Direction / Produce、作曲家としての名義は「Mr. Drunk」、また別参加ユニットに竹内朋康との「マボロシ」がある)、DJ JIN(DJ / Produce、別参加ユニットにDJ集合体「breakthrough」、インストゥルメンタルバンドCro-magnonとの「Cro-Magnon-Jin」がある)からなるヒップホップ・グループ。別名「キング・オブ・ステージ」。
活動初期の頃の日本にはまだ、ヒップホップ文化やラップが定着しておらず、日本語ラップのやり方はもちろん、日本人としてどのようなラップをすれば良いのかなど、試行錯誤を重ねて曲を作り、精力的なライブ活動によって道を開き、今日に至るまでの日本のヒップホップ・シーンを開拓牽引してきた。今日ではグループとしての旺盛なリリース、ライブ活動の一方で、メンバーそれぞれがラジオパーソナリティ、役者としてなど、多方面で活躍している。
近作に2017年09月リリースの11th. アルバム『ダンサブル』および、
2018年03月リリースのツアー映像作品『KING OF STAGE VOL. 13 ダンサブル Release Tour 2017-2018』。
2018年07月18日に配信シングル「After 6」をリリース。

Official Site: https://www.rhymester.jp/
Official Twitter: @_RHYMESTER_

1989年 宇多丸とMummy-Dが大学で出会いグループ結成。この頃の日本にはまだ、ヒップホップ文化、ラップが定着しておらず、日本語ラップ方法論を二人で模索しながら、精力的なライブ活動によって道を開いていく
1993年 アルバム『俺に言わせりゃ』(1993年4月25日)でインディーズ・デビュー
1994年 DJ JIN加入。ライブクオリティが飛躍的に向上し、グループの別名ともいえる「キングオブステージ」の名を確たるものとしていく
1995年 2nd. アルバム『Egotopia』(1995年6月25日)、EP『PLUS ALPHA』(1995年12月28日)リリース
1996年 1st. ワンマンライブ『King of Stage』を渋谷クラブクアトロで開催(1996年3月)。EP『耳ヲ貸スベキ』(1996年12月)リリース
1998年 シングル『B-BOYイズム』(1998年9月15日)、続く
1999年 3rd.アルバム『リスペクト』のヒットで日本のヒップホップ・シーンを代表する存在に。
2001年 活動の場をメジャーへと移し、4th. アルバム『ウワサの真相』リリース
2007年 日本武道館での単独公演「KING OF STAGE Vol. 7」を成功させるも、これを最後にグループ活動を一時休止した。


2009年10月 シングル「ONCE AGAIN」で本格活動再開
2009年11月 結成20周年イベント『R20〜RHYMESTER 20th. Anniversary』を東京・JCB HALLにて開催
2010年02月 7th. アルバム『マニフェスト』リリース
2011年03月 8th. アルバム『POP LIFE』リリース
2011年07月 サマー・アルバム『フラッシュバック、夏。』リリース
2013年01月 9th. アルバム『ダーティーサイエンス』リリース
2013年07月 対バンイベント『ベストバウト Vol. 1 (w/ SOIL&"PIMP"SESSIONS)』開催
2014年09月21日 DJ JIN加入20周年を祝う「J 20」at Billboard Live TOKYO開催
2014年09月24日 結成25周年記念ベスト『The R - The Best Of RHYMESTER 2009 ~ 2014 -』リリース
2014年11月〜12月 全国ツアー『King Of Stage Vol. 11』開催
2014年12月19日 結成25年を祝うイベント『R 25 RHYMESTER 25th. Anniversary with FUNKY GRAMMAR』開催
2015年04月29日 両A面シングル「人間交差点/Still Changing」+DVD / BD『King Of Stage Vol. 11』発売
2015年05月10日 野外音楽フェスティヴァル『人間交差点 2015』開催
2015年07月29日 10th. アルバム『Bitter, Sweet & Beautiful』リリース
2015年09月〜12月 全国ツアー『King Of Stage Vol. 12』開催
2016年5月15日 野外音楽フェスティヴァル『人間交差点 2016』開催
2016年11月 対バン東名阪ツアー『ベストバウト Vol. 3 (w/ SCOOBIE DO)』開催
2017年5月14日 野外音楽フェスティヴァル『人間交差点 2017』開催
2017年6月14日 シングル「マイクの細道」リリース
2017年9月6日 11th. アルバム『ダンサブル』リリース
2017年10月〜2018年1月 全国ツアー『King Of Stage Vol. 13』開催
2018年5月13日 第4回野外音楽フェスティヴァル『人間交差点 2018』開催
2018年7月18日 配信シングル「After 6」リリース

メンバー個々の活動も盛んである(詳細それぞれの項で)。

宇多丸はラジオパーソナリテイとしても活躍している。2007年4月にTBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』がスタートすると、趣向を凝らした特集や、愛ゆえ本音で語りつくす映画批評コーナーが大きな話題を集めて、2009年には第46回ギャラクシー賞「DJパーソナリティ賞」を受賞、番組からは多くのスピンオフ本がリリースされている。ラジオ、テレビ、雑誌、ウェブなど各種メディアで活躍中。
Mummy-Dは他アーティストのプロデュース、客演でもヒット多数。2004年に竹内朋康(ギターリスト:Ex. SUPER BUTTER DOG)と組んだソロ・プロジェクト「マボロシ」では、アルバムを3枚リリースし、3度のツアーを行っている。またCM、ドラマ、舞台にと役者業やナレーターにも活躍の場をひろげ、特に2017年1月期のTBSテレビドラマ「カルテット」の出演時にはSNSでBUZZが起きるなど大きな話題に。
DJ JINは他アーティストのプロデュースでも活躍、またクラブイベントのオーガナイズなどを通して、世界中のClubミュージック・シーンとコネクトしている。中でも自ら主宰するDJ/サウンド・プロデュース集団「breakthrough」(w/ Laddidadi, Masaya Fantasista, FREEDOMCHICKEN)のレギュラーパーティーは18年目に突入し、アルバムをリリースしたり、楽曲提供、ミックスCDのリリースなども多く人気を誇る。

Featuring Works

“Brand New”
Soul Scream feat. Rhymester(1996)

“未知なる種”
Naked Artz feat. Rhymester(1997)

“説明不要(Remix)”
K-Dub Shine feat. Rhymester(1998)

“Triple Trouble”
Ram Jam World feat. Rhymester(1999)

“Brothers 2000”
DJ Yutaka feat. Rhymester and Kohei Japan(2000)

“リズム刻む文学”
GM Yoshi feat. Rhymester(2000)

“ファンクサインをあげろ”
Kohei Japan feat. Super Rhymester(2000)

“We Are The Wild”
Gathering Of The All Stars(2000)

“B.E.A.T.”
DJ Beat feat. Rhymester(2000)

“プロフェッショナル現場アクター”
ラッパ我リヤ feat. Rhymester(2001)

“裏通り”
風林火山 feat. Rhymester(2001)

“Rhymester Is Mystic”
Pushim feat. Rhymester(2001)

“神輿ロッカーズ”
Kick The Can Crew feat. Rhymester(2002)

“ポーカーフェイス”
The Gospellers feat. Rhymester(2002)

“S.E.X.”
F.O.H feat. Rhymester(2002)

“Self Destruction”
DJ Yutaka feat. Rhymester, Kohei Japan, Zeebra, K-Dub Shine, ラッパ我リヤ(2003)

“Private Eyez”
Palm Drive feat. Rhymester and Tiger(2003)

“サクセスのひみつ”
DJ Yutaka feat. Rhymester(2003)

“Wack Wack Rhythm Island”
Wack Wack Rhythm Band feat. Rhymester(2003)

“殺しの序曲”
Super 7 (キエるマキュウ, Rhymester and Kohei Japan)(2003)

“Move Ya Body”
Boy-Ken feat. Rhymester(2003)

“夜のビブラート”
クレイジーケンバンド feat. Rhymester(2003)

“GIRLS ON FILM”
(B)PE SOUNDS feat. RHYMESTER(2004)

“TAWAWAヒットパレード”
BOO, Keyco & RHYMESTER feat BUTTER DOG MARKET (2004)

“いのちのねだん”
DJ HAZIME feat. RHYMESTER (2004)

“雨あがりの夜空に35”
忌野清志郎 feat. RHYMESTER (2005)

“TRUST OVER 30”
DJ TATSUTA feat. RHYMESTER (2005)

“DOYOUWANNAPLAY?”
DJ NAPEY feat. RHYMESTER (2006)

“やっぱ音楽は素晴らしい feat. RHYMESTER”
Scoobie Do (2006.05.24)

“What's Goin' On feat. RHYMESTER”
Scoobie Do (2006.05.24)

“I Say Yeah!”
PUSHIM, RHYMESTER, HOMEMADE家族, マボロシ, May J. (2006)

“スウィンギーボンボン”
Romancrew feat. RHYMESTER (2007)

“光-hikari-”
JP2HAITI (2011.02.02)

“そして誰もが歌い出す”
DJ HAZIME feat. RHYMESTER, PUSHIM (2011.11.16)

“スキルとクリエイティビティ feat. RHYMESTER”
DJ SEIJI (2011.11.18)

“H♡PE”
MAJOR MUSIC (2011.12.14)

“CONTINUE? feat. RHYMESTER”
DJ FUMIYA (2012.12.07)

“ジャズィ・カンヴァセイション feat. RHYMESTER”
SOIL&"PIMP"SESSIONS (2013.04.24)

“The Cut feat. RHYMESTER”
Base Ball Bear (2013.06.26)

“Sky is the Limit feat. RHYMESTER”
lecca (2013.12.11)

“天気晴朗ナレドモ波高シ feat. RHYMESTER”
KOHEI JAPAN (2014.01.15)

“Maki-izm”
RHYMESTER & KOHEI JAPAN (2014.03.26)

“風とロックの主題歌”(2014.05.02)

“focus (re-focus) feat. RHYMESTER”
10-FEET (2014.06.18)

“The Great Journey feat. RHYMESTER”
KIRINJIアルバム『ネオ』(2016.08.03)収録

“噂だけの世紀末”
いとうせいこうトリビュートアルバム『再建設的』(2016.09.21)収録

“ゴールデンタイムラバー produced by RHYMESTER”
スキマスイッチ Album『re:Action』(2017.02.15)収録

“旅人よ feat. RHYMESTER”
加山雄三 Album『加山雄三の新世界』(2017.03.08)収録

“Hide and Seek feat. RHYMESTER”
ゴスペラーズ Album『Soul Renaissance』(2017.03.22)収録

“ゆめのしま” Performed by RHYMESTER+大橋トリオJ-WAVE LIVE BAND
大人気イベント「J-WAVE LIVE SUMMER JAM」での名演を集めたコンピレーションアルバム。
ライムスター「ゆめのしま」が大橋トリオJ-WAVE LIVE BANDとの緊張感溢れるヴァージョンに

『J-WAVE LIVE SUMMER JAM presents “Trio-logy”』(2017.11.29)収録

“本能” (Performed by RHYMESTER, Prod. by Mr. Drunk, Comtains Samples From "本能(椎名林檎)")
椎名林檎トリビュートアルバム『アダムとイヴの林檎』(2018.05.23)収録