RHYMESTER

ライムスター書籍『KING OF STAGE~ライムスターのライブ哲学~』 BOOKS 2020.12.23 Release

30年にわたって最前線を走り続けてきた理由
ヒップホップのキングが明かすサバイブ術

ライムスター初のオフィシャルブック発売!


『KING OF STAGE~ライムスターのライブ哲学~』
著者:ライムスター/高橋芳朗
発売:2020年12月23日
定価:1,818円+税(四六判・256ページ)
デザイン:大島依提亜/カバーイラスト:羽鳥好美
ゲスト:村上てつや(ゴスペラーズ)、DJ 松永(Creepy Nuts)、DJ DAISHIZEN ほか
出版社:ぴあ株式会社
HP:https://www.piabooks.com/kingofstage


重版決定】ライブへの熱い想いが胸を打つ! 書籍『KING OF STAGE〜ライムスターのライブ哲学〜』
イベントの実施について】1/31開催、ライムスター本・発売記念イベント『(略)ライムスター・スタンプ会』


『KING OF STAGE~ライムスターのライブ哲学~』
2019年に結成30周年を迎えたライムスターが初のオフィシャルブックを刊行する。
題して『KING OF STAGE~ライムスターのライブ哲学~』。
グループが結成30周年を記念して行った全国ツアー「KING OF STAGE VOL. 14~47都道府県TOUR 2019~」と並行して
「ぴあアプリ」にて連載した「RHYMESTER: One for the Road~47 都道府県ツアー日記~」の待望の書籍化だ。

ここでメンバーが初めて明かすライブアーティストとしての心得は、
まさに30年の歳月をかけて研ぎ澄ましてきた「ステージの王」の創意工夫の集大成。
ライムスターが日本の音楽シーンで生きながらえてきた理由、
ライムスターが日本でヒップホップを表現することに向き合ってきた試行錯誤の歴史、
そしてライムスターという世界的にも稀有なキャリアを歩むヒップホップグループの本質、
そのすべてが詰まった一冊といえるだろう。ライムスターのファン、ヒップホップのファンはもちろん、
ミュージシャンとミュージシャン志望者も含めた多くのクリエイターにも強くおすすめしたい内容だ。
なお、書籍化にあたってはライムスターのライブパフォーマンスの魅力にさらに多角的に迫るべく追加取材を行って併録。
「King of Stage」の成り立ちを追うライムスター2万字インタビュー、
Mummy-Dが説く裏方スタッフとの「チーム論」、
DJ JINがDJ松永(Creepy Nuts)とDJ DAISHIZENを招いてライブDJの実態を語らう「ライブDJ鼎談」、
宇多丸がゴスペラーズの盟友村上てつやとMCについて意見交換する白熱の「ライブ哲学」対談のほか、
写真集『RUFF, RUGGED-N-RAW: The Japanese Hip Hop Photographs』でもおなじみ
cherry chill willの撮影による初出のツアー写真も掲載。

【目次】
・ライムスター47都道府県ツアーグラビア (by cherry chill will)
・はじめに
・ライムスター 2万字インタビュー「King of Stageへの道」
・RHYMESTER: One for the Road〜47都道府県ツアー日記〜
・Mummy-D「チーム論」
・DJ JIN×DJ松永(CREEPY NUTS)×DJ DAISHIZEN「ライブDJ対談」
・宇多丸×村上てつや(ゴスペラーズ)「対談:ライブ哲学」
・ライムスター「King of Stage」全スケジュール

ALL SINGLES ALBUMS BDs DVDs BOOKS