RHYMESTER

RSSライムスターHPの最新情報を受け取る

三重県桑名市のアンバサダーにMummy-Dが就任、2019年度歴史を伝える (2018.11.06)

三重県桑名市の魅力を伝えるアンバサダー「魅力みつけびと」にこの度、
2018年柏井壽さん(小説家)、
2019年Mummy-D(アーティスト)、
2020年白洲信哉さん(文筆家、文化イベントプロデューサー)の3名の就任が決まりました。

Mummy-Dは、
2019年度のテーマ「桑名の歴史」を伝えるアンバサダーとして、
雑誌の同行取材などを通した活動を予定しております。


左から:柏井壽さん、桑名市 伊藤徳宇市長、Mummy-D

(参考)プレスリリース・ニュースリリース配信 PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000169.000031071.html

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

【Release】「After 6」7インチアナログ盤、12月5日より (2018.10.25)

今年7月に配信リリースしたライムスター新曲「After 6」
(TBSラジオ「アフター6ジャンクション」のオープニングテーマ曲)
の7インチアナログ盤をリリースします。


7インチアナログ盤リリースにあたり、
ドイツ・ベルリンのCalyx Mastering(カリックス・マスタリング)のエンジニア、
Bo Kondren(ボー・コンドレン)氏に依頼して再マスタリング、
アナログ盤に特化した芳醇な音質を追求した、
メインヴァージョンとインストゥルメンタルを片面ずつ収録、
2トラック入りの限定盤としてリリースいたします。

アートワークは引き続き木村豊(Central67)さんと、イラストを我喜屋位瑳務さんが担当。
モノとしても最高な仕上がりに。

RHYMESTER 7インチ・アナログ「After 6」
A:After 6
B:After 6 (Instrumental)

2018年12月5日 HMV recordshop 渋谷、新宿ALTA、コピス吉祥寺の3店舗で先行販売
2018年12月12日 一般発売


「After 6」配信情報
iTunes Storeほか主要配信サイト、Apple Music、Spotify、dヒッツほか定額制聴き放題サービスで配信中
https://jvcmusic.lnk.to/after6

「After 6」ミュージックビデオ(ショート)

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

【Mummy-Dゲスト参加】小出祐介(BBB)新プロジェクト「マテリアルクラブ」11月7日発売 (2018.10.17)

Base Ball Bear 小出祐介主宰の新プロジェクト=マテリアルクラブの1stアルバムに、
Mummy-DがRyohu(KANDYTOWN)とともにゲスト参加しました。


Base Ball Bearの小出祐介が主宰する、
ソロでもなくバンドでもなくユニットでもなくグループでもない新音楽プロジェクト”マテリアルクラブ”。

盟友・福岡晃子(チャットモンチー済)を制作パートナーに、
ゲストに吉田靖直(トリプルファイヤー)、TOSHI-LOW(BRAHMAN/OAU)、岸井ゆきの、
Mummy-D(RHYMESTER)、Ryohu(KANDYTOWN)、成田ハネダ(パスピエ)、谷本大河&髙橋紘一(SANABAGUN.)を迎えて、
閃きのまま繰り広げられた(ほぼ)はじめてのDTM(Desk Top Music)。

(以下所感)
ベボベの繊細かつ緻密なアレンジとは趣の異なる、いわば感覚的なアレンジ世界がとても心地よく、
こいちゃんと福田さんの好きな音楽要素(特に「日本語ラップ」の活かし方!)が盛り込まれて、それは見事に新ジャンル。
アルバムから先行リリースされた01曲「Nicogoly」のこいちゃん、福田さんのラップに、
日本語ラップのいちファンとして、私は心掴まれました。(岸)


hand embroidered by Kumi Kosuge

1st album
“マテリアルクラブ”

発売日:2018年11月7日(水)
発売元:Q2 Records / ビクターエンタテインメント
VICL-65074 / ¥2,778+tax
初回プレスのみ紙ジャケット仕様
including:
01. Nicogoly
02. 00文法 (ver.2.0)
03. 閉めた男
04. Amber Lies
05. 告白の夜
06. Kawaii
07. Material World
08. Curtain
09. WATER
10. New Blues
Guests: 吉田靖直(トリプルファイヤー) voice on M3
TOSHI-LOW (BRAHMAN/OAU) vocal on M5 岸井ゆきの voice & leading aloud on M6&8
Mummy-D (RHYMESTER) rap on M7 Ryohu (KANDYTOWN) rap on M7
成田ハネダ(パスピエ) piano&synthesizer&organ M1, 5 & 10 谷本大河 & 髙橋紘一 (SANABAGUN.) horns on M10

official site:
https://www.jvcmusic.co.jp/q2/materialclub/

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

【『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』】10月30日発売 (2018.10.16)

4人が“出禁覚悟”で挑んだ、NHK-FM奇跡の10時間。「今日は一日“RAP”三昧」完全書籍化!
アメリカと日本、双方のシーンをカバーした決定版
いとうせいこう、Bose(スチャダラパー)、Zeebra、漢 a.k.a. GAMIもゲスト参加!
コラム「渡辺志保のヒップホップ・スラング辞典」も収載!
「この本をきっかけにラップを聴いてみよう!」というビギナーの方のために、注釈も充実(単語数は470以上)!


ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門
(著)宇多丸、高橋芳朗、DJ YANATAKE、渡辺志保
(編)NHK-FM「今日は一日“RAP”三昧」制作班
【造本】A5判変型/並製/288ページ
【本体価格】1,600円+税
【発売予定日】10月30日



【内容紹介】
これ1冊でつかむ
世界を制した音楽のすべて!
ヒップホップのプロフェッショナル4人が、ビギナーにもわかりやすく、抱腹絶倒かつ切れ味鋭いトークで語り尽くす、
画期的「ラップ史の教科書」の登場!

・ブレイクビーツって何?
・誰が日本で最初にヒップホップを作ったの?
・著作権問題が生んだサウンド・プロダクションとは?
・日本語ラップシーン、最大の起爆剤となったアーティストは?
・自分の作品を「売らない」ラッパーの収入源って?
・ラップの世界って、やっぱり男性中心的?

ラップについての基礎知識とアレコレが、一気にわかります!

「パーティーを盛り上げる〝添え物〟としてラップは生まれた」(宇多丸)
「売り上げでヒップホップがついにロックを上回った!」(高橋)
「ヒップホップを動かす原動力は、やっぱりちょっとグレーゾーン」(宇多丸)
「受容しながら変化・進化するのがヒップホップの強み」(志保)
「いくらなんでもサイクル早すぎだろっ」(高橋)
「僕、ヒップホップと同い年だ!」(ヤナタケ)

【目次】
第1章:70~80年代初頭
1973年8月11日、ラップはニューヨークで生まれた
[そのとき、日本は?]
日本語ラップの起源を求めて
第2章:80年代中期~後期
第二世代がラップを革新する
[そのとき、日本は?]
模索するオリジネイターたち ゲスト:いとうせいこう
第3章:80年代後期~90年代
“カンブリア爆発”――ラップ黄金期の到来
[そのとき、日本は?]
英語のフロウを日本語で再構築するために ゲスト:Bose(スチャダラパー)、Zeebra
第4章:2000年代
サウスの時代――勢力図は描き換えられた
[そのとき、日本は?]
拡散――渋谷から全国へ ゲスト:漢 a.k.a. GAMI
第5章:2010年代
ネット・政治・トラップ
[そのとき、日本は?]
ヒップホップの未来へ

【著者について】
宇多丸(うたまる)
ラッパー/ラジオパーソナリティ。1989年にヒップホップグループ・ライムスターを結成し、日本語ラップの最初期よりシーンを牽引。ラジオパーソナリティ、TVコメンテーター、文筆家としても幅広く活躍しており、MCを務めたTBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(2007~2018年)にて、2009年に第46回ギャラクシー賞「DJパーソナリティ賞」を受賞。2018年4月からはTBSラジオ「アフター6ジャンクション」でMCを務める。ラジオ番組の出版化に、『ライムスター宇多丸も唸った人生を変える最強の「自己低発」 低み』(イーストプレス)など。著書に『ライムスター宇多丸の映画カウンセリング』(新潮社)など多数。

高橋芳朗(たかはしよしあき)
音楽ジャーナリスト。音楽雑誌の編集を経て、フリーの音楽ジャーナリストとして活動。エミネムやカニエ・ウェストなどのオフィシャル取材のほか、マイケル・ジャクソンをはじめ数多くのライナーノーツを手がける。ラジオパーソナリティ、選曲家としても活動。ライムスター宇多丸との共著に『ブラスト公論』(徳間文庫)、『R&B馬鹿リリック大行進』(スモール出版)など。

DJ YANATAKE(ディージェー・ヤナタケ)
DJ。レコードショップ・Ciscoのヒップホップ・チーフバイヤーとして“レコードの町・宇田川町”の一時代を築いた後、MTV Japanに選曲家として参加するなどヒップホップシーンの重要な場面を担う。現在は、ヒップホップ専門のインターネットラジオ局・WREPのプロデュースを行うほか、block.fm「INSIDE OUT」のラジオパーソナリティも務めている。

渡辺志保(わたなべしほ)
音楽ライター。主にヒップホップ関連の文筆や歌詞対訳に携わる。ケンドリック・ラマーの来日インタビューの監修やblock.fm「INSIDE OUT」でラジオパーソナリティを務めるなど多方面で活動中。共著に『ディスク・コレクション ヒップホップ 2001-2010』(シンコーミュージック・エンタテイメント)。

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

11月3日~12月16日開催『2018年の森田芳光 - 森田芳光全作品上映&史上初!ライムスター宇多丸語り下ろし -』 (2018.09.21)

『2018年の森田芳光 - 森田芳光全作品上映&史上初!ライムスター宇多丸語り下ろし -』

森田芳光という稀有な映画作家の全体像に宇多丸が迫る!
全作品上映・トーク会『2018年の森田芳光』が開催されます。

森田芳光監督全28作品を年代順に一日2作品程度づつ(*)上映。
全ての回(*)で宇多丸が森田作品のプロデューサーであり、
監督の夫人でもある三沢和子さんをお迎えして、1時間たっぷり語り下ろします
*作品によって3作品上映になる日もございます。詳しくは下記スケジュールをご覧ください
*11/4の1回目の回は、2作品をまとめて上映した後、トークショウをおこないます。


(ぴあ・プレスリリースより)
1978年、「PFF」の前身「ぴあ展」に「ライブイン茅ヶ崎」を持込んでから「ぴあ」との付き合いが始まり今年で40年。
28本の作品を残し、2011年12月20日にこの世を去った森田芳光監督。
森田作品は、彼の生き様同様に、“キャッチー”で“ポップ”で“刺激的”で“挑戦的”。
今観てもカルチャーを生み出すパワーが漲っています。
そんな森田作品をこよなく愛するライムスター宇多丸氏の発案により、前代未聞の企画が今回実現!!!
その企画とは、森田芳光全作品上映に加え、全回ライムスター宇多丸が、
森田作品のプロデューサーであり監督の夫人でもある三沢和子を迎え1時間たっぷり語る
『2018年の森田芳光 -森田芳 光全作品上映&史上初!ライムスター宇多丸語り下ろし-』。
全映画ファン必見の27公演、是非劇場に足をお運びください。

(宇多丸コメント)
2011年に急逝するまでの約30年間、自主制作の実験精神を保ったまま、
日本映画界のトップ監督としてキャリアを更新し続けた森田芳光。
ただし、全作に彼ならではの先進的なコンセプトが込められているからこそ常にスリリングだったモリタ映画ですが、
それゆえ作品によっては、時代に先駆け過ぎていたりアイデアが先走っていたりで、
十分な評価や理解が得られているとは言い難いものも多々残されている、というのが現状だと思います。
そこで今回の連続上映。森田作品のプロデューサーであり監督の奥様でもある三沢和子さんの貴重なお話をうかがいつつ、
「今」の視点からそのフィルモグラフィを見つめ直し、前述のギャップを出来る限り埋めてゆくことで、
森田芳光というこの稀有な映画作家の全体像に、改めて迫ろうという試みです。
聴き手役を仰せつかり、その歴史的重責に震えております......!


『2018 年の森田芳光 - 森田芳光全作品上映&史上初!ライムスター宇多丸語り下ろし -』
会場:新文芸坐(東京都豊島区東池袋 1-43-5 マルハン池袋ビル3F)
チケット:チケットぴあ発売中・自由席 1,500円
*5作品以上鑑賞された方の特典ございます。11月03日以降、劇場にてチケット5作品提示の上、引換えいたします。
*宇多丸、三沢和子のトークショーは上映後を予定。
*チケットは整理番号付き。
一般発売日:2018年9月22日(土)10:00 ~
お問合せ:新文芸坐 TEL 03(3971)9422

上映スケジュール
日程・開場/開演・作品


11月3日(土)
12:15/12:30「ライブイン茅ヶ崎」
15:20/15:35「の・ようなもの」
18:45/19:00「シブがき隊ボーイズ&ガールズ」

11月4日(日)
14:55/15:10「(本)噂のストリッパー」「ピンクカット」
18:50/19:05「家族ゲーム」

11月10日(土)
15:00/15:15「ときめきに死す」
18:25/18:40 「メイン・テーマ」

11月11日(日)
14:55/15:10「それから」
18:45/19:00 「そろばんずく」

11月17日(土)
15:10/15:25「悲しい色やねん」
18:30/18:45「愛と平成の色男」

11月24日(土)
14:50/15:05「キッチン」
18:15/18:30「おいしい結婚」

11月25日(日)
14:55/15:10「未来の想い出」
18:35/18:50「(ハル)」

12月01日(土)
14:15/14:30「失楽園」
17:50/18:05「39 刑法第三十九条」

12月02日(日)
14:50/15:05「黒い家」
18:30/18:45「模倣犯」

12月08日(土)
14:00/14:15「阿修羅のごとく」
17:55/18:10「海猫」

12月09日(日)
15:00/15:15「間宮兄弟」
18:40/18:55「サウスバウンド」

12月15日(土)
14:35/14:50「椿三十郎」
18:15/18:30「わたし出すわ」

12月16日(日)
14:50/15:05「武士の家計簿」
18:40/18:55「僕達急行 A列車で行こう」

主催:ぴあ/新文芸坐
協力:ニューズ・コーポレイション/スタープレイヤーズ/サルーテ

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

【『ライムスター宇多丸も唸った人生を変える最強の「自己低発」 低み』】9月16日発売 (2018.09.11)

『ライムスター宇多丸も唸った人生を変える最強の「自己低発」 低み』(イースト・プレス )
単行本(ソフトカバー) ¥ 1,620
電子書籍 ¥ 1,458
発売:2018年9月16日
編集:TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」&「アフター6ジャンクション」

「常識を壊して新たな価値観を生み出していく開拓者たちの志は決して低くなんかない! ……多分」(三浦大知)

「このコーナーだけは本にしたくなかった」--宇多丸


TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」最後の人気!?コーナーがまさかの書籍化
誰にも迷惑はかけていない。犯罪でもなければ、マナー違反になるかもわからない。
ただし、確実に、人間として、何かが“低い"……。
そんな、身に覚えはあるが、いまだかつて呼び名がついていない、まったく新しい概念「低み」。
ポスト平成目前、“意識高い系"の人々が幅を利かす社会を底辺から撃ち抜く攻撃的(アサルト)思考のススメ!

まったく新しい概念「低み」を実践できる66の自己低発。



【目次】
SECTION 01: MIND LOWNESS
時代はマインド・フルネスからマインド・ロウネスへ――。
地面に擦りつけるほどの低さから見えてくる新しい景色、発想、そして自由とは?

SECTION 02: FOOD TIPS
退屈なディナーに飽き飽きした〈食〉の冒険者たちへ。
さあ、走り出そう。あり余る創造性で味覚と栄養のその先へ。

SECTION 03: ECOLOGY HACK
地球のため、そしてみんなのため。サスティナブルでクリーンな社会を目指し、
私たちができる、冴えたやり方。

SECTION 04: REAL LIFE MANAGEMENT
生きていく上で欠かせない日々のルーティン。繰り返される人間の営み。
あなたはいつしか固定観念に縛られていないだろうか?
リアル・ライフを再構成し、次なる知覚の扉を開こう。

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

【Mummy-Dドラマ出演】テレ朝・金曜ナイトドラマ『dele|ディーリー』 (2018.07.09)

2018年7月27日(金)スタート、テレビ朝日金曜ナイトドラマ『dele|ディーリー』
【毎週金曜】 午後11:15~深夜0:15放送(※一部地域を除く)
にMummy-Dがゲスト出演します。

自分が突然死んでしまったとき、誰にも見られたくないデータは一体どう処理したらいいのか――。
デジタル化が進む現代社会ですべての人にとっての大きな懸念材料となっている「デジタル遺品」に初めて光を当てた新ドラマ『dele』。
主演を超人気、山田孝之&菅田将暉のお二人がつとめ、
原案・パイロット脚本にはベストセラー作家・本多孝好が、
さらに映像界の第一線で活躍する脚本家や監督も集結した“規格外の座組み”が誰も見たことのない多彩な物語を紡ぎます。
またこの番組には話題になりそうなゲスト出演者たちがドラマを彩ります。
それぞれが第何話に登場するのか…!?、Mummy-Dの出演回は!? 乞うご期待。

主な登場人物
坂上 圭司(さかがみ・けいし)(33) ……… 山田 孝之
フリーのプログラマー。原因不明の難病で下半身の麻痺が進行し、車椅子生活を送っている。亡き父が設立した「坂上法律事務所」と提携し、会社「dele. LIFE」を立ち上げ、依頼人の死後に遺留データを内密に消す仕事をしている。頑固でプライドが高く、テリトリー意識が強い男。旺盛な知識欲を持つ。

真柴 祐太郎(ましば・ゆうたろう)(25) ……… 菅田 将暉
フリーランスの何でも屋。ひょんなことから、坂上圭司の仕事を手伝うように…。オフィスから出ない圭司に代わり、死亡確認など足を使った業務を中心にサポート的な仕事をこなす。素直で無邪気。人懐っこく、誰からも好かれるが、自分のことを聞かれるのは苦手。その佇まいからは想像のつかない過去を隠し持つ。

坂上 舞(さかがみ・まい)(37) ……… 麻生 久美子
坂上圭司の姉。有能な弁護士。現在は亡き父が設立した「坂上法律事務所」を継いでいる。圭司の会社「dele. LIFE」の信用保証を担い、時に資金援助や顧客紹介もする。姉御肌でサバサバした性格。圭司を「極論に陥っている子ども」だと思っており、まだ広い世界があることを教えたいと願っている。

ゲスト出演者:
Mummy-D(ライムスター)、
朝比奈 秀樹、石橋 静河、江口 のりこ、大塚 明夫、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、高橋 源一郎、塚本 晋也、野田 洋次郎
般若、松本 若菜、麿 赤兒、矢島 健一、山田 愛奈、余 貴美子、渡辺 大知(黒猫チェルシー)



◆放送に先駆けてスペシャル動画の配信が決定!
山田孝之×菅田将暉に加え、規格外で独創的なゲスト陣も明らかになり、
ますます放送開始が待たれる中、ドラマの撮影現場を追ったスペシャル動画『dele.DOCUMENT』の配信が決定!
7月27日の初回放送に先駆けて7月20日から動画配信サービス「ビデオパス」にて独占配信を開始します。
『dele』の世界はどうやって作りあげられたのか――、こだわりの強いキャスト、スタッフたちが繰り広げた3か月を、
数々の人気ドラマの監督として活躍する日暮謙がディレクターとして追いかけたドキュメンタリー。こちらもご期待ください。

『dele.DOCUMENT』 7月20日から 動画配信サービス「ビデオパス」にて独占配信!
出演:山田孝之 菅田将暉 麻生久美子 ほか  監督:日暮謙

■ビデオパスとは
「ビデオパス」は、国内ドラマの見逃し配信や人気のアニメを始め、話題の邦画、洋画、ドラマ、バラエティ、音楽、エンタメ、お笑いなど多彩なジャンルの動画が1万本以上見放題でお楽しいいただける映像配信サービスです。また、見放題には含まれない最新作などが1作品ごと課金してレンタルすることもできます。月額562円(税別)の見放題プランに加入すれば、初回登録から30日間は無料でお楽しみいただくことができ、最新作が毎月1本無料でレンタルできる540円相当のビデオコインが毎月付与されるだけでなく、さらに、お得な料金で映画鑑賞を楽しむことができる映画館割引特典「auマンデイ」もご利用いただける大変お得なサービスです。

・ビデオパスオフィシャルHP:https://www.videopass.jp/unlimited

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

【ありがとう「シーチキン」60th.】最新CMシリーズにMUMMY-Dが出演致しました (2018.05.23)

はごろもフーズ「シーチキン」の最新CMシリーズに、
シーチキン兄弟・MUMMY-Dが出演致しました。

出演:
宮﨑あおい、
シーチキン兄弟(順不同)
Mummy-D(ライムスター)、TOSHI-LOW (BRAHMAN)、亀田誠司、増子直純(怒髪天)、渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)、キヨサク(MONGOL 800)、ナヲ(マキシマム ザ ホルモン)、ホリエアツシ(ストレイテナー)、松田晋二(THE BACK HORN)、ひなんちゅ(SILENT SIREN)、谷口鮪(KANA-BOON)、大澤敦史/河本あす香/junko(打首獄門同好会)ほか

■はごろもフーズ:シーチキン誕生60周年特設サイト(最新CMが視聴できます)
http://www.60thaniva.hagoromofoods.co.jp/60th/

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

【RHYMESTER参加】5月23日発売、椎名林檎トリビュートアルバム (2018.03.02)

椎名林檎さんのアニヴァーサリーイヤーを飾る、
デビュー20周年記念作品第1弾・
13組の豪華アーティストたちによる林檎ワールドの再構築、
椎名林檎トリビュートアルバム『アダムとイヴの林檎』に、
ライムスターが参加いたしました。

彼女の代表曲のひとつで、
日本音楽史に輝く圧倒的名曲「本能」(1999年)を、
ヒップホップ代表・Mummy-D (Mr. Drunk)が換骨奪胎、
エンジニアには日本ヒップホップの誇るマッドサイエンティスト・Illicit Tsuboiを擁し、
聴く者のダーク、ツイスティーな気分を扇動するヒップホップトラックに。
Mummy-D、宇多丸によるラップはグルーヴを加速させ、
ライムスター印の新たな名カバーを誕生させる。

2018年5月23日発売
椎名林檎トリビュートアルバム
『アダムとイヴの林檎』

¥3,000 (+tax) UPCH-20485
<ブックレット封入>誉田哲也 「歌舞伎町の女王 -再会-」 (書下ろし短編小説)
特設サイト:https://sp.universal-music.co.jp/ringo/adam-eve/



収録予定・ライムスターのぞき五十音順
RHYMESTER / 本能
1999.10.27発売Sg. & 2000.3.31発売Al『勝訴ストリップ』収録曲
AI / 罪と罰
2000.1.26発売Sg. & 2000.3.31発売Al『勝訴ストリップ』収録曲
井上陽水 / カーネーション
2011.11.2発売Sg. & 2014.11.5発売Al『日出処』収録曲
宇多田ヒカル&小袋成彬 / 丸ノ内サディスティック
1999.2.24発売Al『無罪モラトリアム』収録曲
木村カエラ / ここでキスして。
1999.1.20発売Sg. & 1999.2.24発売Al『無罪モラトリアム』収録曲
私立恵比寿中学 / 自由へ道連れ
2014.11.5発売Al『日出処』収録曲
田島貴男(ORIGINAL LOVE) / 都合のいい身体
2009.6.24発売Al『日出処』収録曲
藤原さくら / 茜さす 帰路照らされど・・・
1999.2.24発売Al『無罪モラトリアム』収録曲
松たか子 / ありきたりな女
2014.11.5発売Al『日出処』収録曲
三浦大知 / すべりだい
1999.1.20発売Sg c/w. & 2008.7.2発売Al『私と放電』収録曲
LiSA / NIPPON
2014.6.11発売Sg. & 2014.11.5発売Al『日出処』収録曲
レキシ / 幸福論
1998.5.27発売Sg.収録曲
theウラシマ'S / 正しい街
1999.2.24発売Al『無罪モラトリアム』収録曲
Produced by 亀田誠治
Vo. 草野マサムネ from SPITZ
Dr. 鈴木英哉 from Mr.Children
Gt. 喜多建介 from ASIAN KUNG-FU GENERATION
Ba. 是永亮祐 from 雨のパレード

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする